オゾンマグネ療法研究所のホームページへようこそ

ココロとカラダにやさしい、新たな統合医療をめざして…

16世紀、デカルトが精神(ココロ)と物質(カラダ)は二つの独立した実体であると提唱して以来、現代医学はカラダを診る科学として発展して きましたが、どんなに医療知識と技術が進歩しても様々な病に苦しむ病人の数は益々増える一方で減ることはありません。

それは、何故でしょうか。本来ヒトは大自然から与えられたココロとカラダから成り立ち、二つを切り離して考えることはできない存在だからです。

そしてココロが主でカラダが従であり、ココロがカラダの健康を支配しているという現実を現代医学は長い間忘れてきました。

ヒトのココロが社会や家庭のストレスから解放され、本来の生命のリズムを取り戻した時にヒトの内なる自然治癒力は高まり、活性化した免疫細胞は強力なウイルスやがん細胞に対しても強い抵抗力を発揮します。

私は、自然治癒力を高める方法として漢方薬や良導絡、そして大自然の中にあって地球の生命体を守り、育むオゾンと磁気のエネルギーを併用するオゾンマグネ療法を種々の難治性疾患に用いて顕著な治療効果をあげています。

21世紀を生きる私達は古今東西の人類の知恵と経験を学んで、副作用のないココロとカラダにやさしい新たな統合医療の実現を目指しています。 

 

お知らせ

2018.9.6
月曜日、AM9:00-12:00の診療は日下院長以外の医師が担当します。
2018.1.1
ホームページをリニューアルしました